読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョブスタイル

働き方の百科事典

中小企業診断士について

一般的に、転職する際、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士という資格があります。

中小企業診断士の資格があれば、経営知識を有することが証明されるので自らを会社にとって貴重な戦力だと認めてもらうことができます。


法律のエキスパートである行政書士やお金関する様々な情報を持つファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。

転職しようとする場合に有利になれる資格といわれれば、社会保険労務士公認会計士といったところが有名どころでしょう。

いままでの職歴を生かした転職を行おうと考えている人にもオススメしたい資格なのです。

社会保険労務士という資格を持っていると、総務や人事関係の仕事で採用されやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていれば財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。転職の際、不動産業界に職を求めようと思っているのなら、とりあえずは、宅建主任者資格が必要になります。宅建主任者の資格を持っていないと、就職することが困難な企業も報告されています。その仕事内容によって必要な資格が変わりますから、転職前に、次の仕事内容にあった資格を取得しておくことは良いアイデアだといえるでしょう。面接での身だしなみに関してはしっかり気をつけるようにしましょう。清潔感のある着こなしで面接を受けるのが大切です。


緊張であがってしまうとは思いますが、じっくりとシミュレーションしておき、面接に備えるようにしてください。面接の際、質問されることはおおむね決まってますから、事前に、答えを想定しておくことが大事です。

異なる業種に職を変えるのは困難であるという印象が強いですが、実態はどうなのでしょうか?結果から述べますと、異業種に職を変えるのは簡単ではありません。

経験者と未経験者が同時に面接に来た場合、人事担当者は、経験者を選ぶことが多いです。

 

しかしながら、確実に無理というわけではないですし、努力の程度によっては異業種に職を変えられることもあるでしょう。

 

転職するときに求められる資格は、専門の仕事以外にはそれほど多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができるということでは、やはり、国家資格が有利なようです。特に、建築や土木関係では、建築士などに代表される「業務独占資格」と言われる、該当の資格を有していないと実際に働けないといった仕事がかなりあるため、狙い目と言えるかもしれません。長時間労働が原因で辞めた時は「効率を重視した仕事がしたい」、仕事を辞める理由がやりがいを感じられないという場合は「新しい職場で成長したい」とすれば問題はないでしょう。言いかえることでネガティブな転職理由も、プラスになることもあるのです。


履歴書記載の注意は、150文字から200文字程度にするようにします。

転職活動は今の職を辞める前に行って、転職先が決まってから、辞めるのが一番です。

 

退職してからの方が時間的に自由ですし、すぐにでも働くことが可能ですが、転職する先がなかなか決まらないこともあります。

無職の期間が半年以上になると、就職先が少なくなりますから、転職先のことを考えずに今の仕事を退職しないようにしましょう。
人材紹介会社を通して満足する転職が出来た人も多く見られます。
自分だけで転職活動を進めるのは、へこむことも多いものです。

転職先がなかなか決まらないと、どう行動するのか正しいのかが分からなくなることもあります。人材紹介会社を頼った場合、自分の求めるタイプの企業を紹介してくれたり、プロならではのアドバイスをもらえるでしょう。年収増加の目標のために転職されようとされている方も多数を占めていると思います。転職によって年収があがることはあり得ることです。ただ、給料がダウンしてしまう恐れも考えられることをしっかりと理解し、準備しておく必要があります。年収アップを勝ち取るためには、どれだけ年収の高い仕事をゆっくり探すことが可能であるかが重要となります。