読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョブスタイル

働き方の百科事典

女性の転職について

異なる業種に職を変えるのは難しいという印象が強いですが、実際のところはどうなのでしょうか?結論から述べますと、違う業種に転職するのは難しいものです。


経験者と未経験者が同時に面接に来た場合、採用担当者は経験者を選択する可能性が高いです。ただ、絶対に不可能というわけではありませんので、努力をいとわなければ異なる業種に職を変えられることもあるものです。

お給料アップを目指して転職希望の方も多数を占めていると思います。


確かに、転職をすれば給料がアップすることもあるでしょう。


ただ、給料がダウンしてしまうリスクもあるということを十分考えておきましょう。年収アップを勝ち取るためには、いかに高年収の仕事を落ち着いて探すことができるかが重要となります。人材紹介会社にお世話になって納得のいく転職が出来た人もたくさんいます。1人きりで転職活動を進めるのは、辛い気持ちになることも多いです。
転職先が見つからない状態が続くと、どう行動するのか正しいのかが分からなくなることもあります。人材紹介のサービスを提供する会社を利用すれば、自分にマッチする求人情報を教えてくれたり、1人では思いつかないような助言を得られるでしょう。転職の際、一般的には、有利だと思われている資格に中小企業診断士をあげることができます。中小企業診断士となることで、経営知識が豊富であることを証明できるため、その会社にとって貴重な存在であると認めさせることができます。法律に詳しい行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、転職する際には有利でしょう。転職する理由は、書類選考や面接において非常に重要視されます。相手に理解してもらう理由がないと低い評価になってしまうでしょう。
ですが、転職したい理由を聞かれても上手く答えられないという方もきっと多いはずです。大半の人が履歴書に記入する際や面接で答える際に、この転職理由が苦労の元となります。

転職しようとする際に、求められる資格は、専門職の他は、そんなに多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができる点では、やはり、国家資格が有利なようです。

また、建築や土木系では「業務独占資格」の建築士などに代表される、該当の資格を有していないと実際に働けないという仕事が多くあるので、狙いやすいかもしれません。仕事を変えたいときに有利になれる資格はどれかときかれれば、社会保険労務士公認会計士がその一例になります。

これまで積み重ねてきた経験を生かした転職活動を考えている人にもオススメしたい資格なのです。社会保険労務士という資格があれば、総務や人事関連の仕事を得やすくなりますし、公認会計士の資格があると財務とか経理関係の職を得られやすくなります。どういった転職理由が適当かというと、第一に、どうしても転職しようと思った理由を書き出してください。

考えた通りに話す必要はないので、深く考えずに、紙に書きましょう。そして、それをネガティブな印象を与えないように表現を変換してください。

転職理由の部分が長いと言い訳のように聞こえてしまうので、簡潔にしましょう。不動産業界に転職しようと思っている方は、第一に宅建主任者資格を取られることが先決です。宅建主任者資格がない場合、就職がむずかしい企業もないとはいえません。

 

業務内容によってどのような資格が必要となるか違いますから、業種にあわせた資格を転職前に取得を終えておくのも利口な方法でしょう。

焦燥感に駆られながら転職活動をすると、慎重に検討する余裕がなくなって、とにかく何かしらの職に就きたいと年収の低い仕事を選びがちです。


その結果、今までの職より収入が減ることもあるのです。

そうなってしまったら、なんのために転職してしまったんだろうと悔やむことになります。

年収をアップしたいのであれば、心にゆとりをもって仕事を探しましょう。

【PR】チャットレディ ランキング